施主の声・施主の本音を届ける無料のWEBサイト

ご挨拶

紹介

当サイトへようこそ。

 

管理人の廣谷です。

 

木の家.biz では、木の家・注文建築・住む人全員にとって
住みやすい家づくりを目指す人をサポートするサイトです。

 

木の家って言っても、色々ありますが、
わが家ではこんな木を標準で使います。

 

自己紹介

 

このオジサンの大きさと比較して、どれくらいの大きさかわかりますよね!?

 

また、こちらをご覧ください。

 

自己紹介

 

ウェスタンレッドシダー(WRC)無垢の木の、総板張りのお部屋です♪

 

私たちがなぜ、こんなにもたくさん無垢の木を使った家に住んでいるか?というと、
以前は子どもの耳鼻科通いに悩まされていたからです。

 

ビニールクロス、クッションフロアの部屋で、耳鼻科通いに疲れて住めなくなった時・・・。
私と妻は思い切って、自然素材の家を建てようと決心しました。

 

そして、注文住宅としては破格の2000万円の予算で建てて、
家族楽しく暮らしています♪

 

耳鼻科通いもいらなくなり、子どもたちもスクスク育ってくれています。

 

家を建ててよかったです〜

 


住まい

日常

こんにちは。

 

引っ越してきて住まいを一番楽しんでいるのは子どもたちです。

 

パンを焼いたり、あさがおを育てたり、かくれんぼしたり。

 

あさがおは別にアパートでも育てることができますが、
写真のあさがおは、このあと2階へ向かってグリーンカーテン
と成長していて、こうなると子どももどこまで育つのか?
という楽しみになるみたいですね。

 

家族の距離が近くなったように感じます。

 

内断熱と外断熱、ペアガラスはもちろん、熱交換式の換気システムと
グリーンカーテンも活用して光熱費の節約も家族で実行。

 

これがホームなんですよね!


住まい2

住まい紹介

こんにちは。

 

さて今回は、まずは我が家がどんな感じなの?ってところを
イメージできるよう、簡単に紹介します。

 

我が家は家族構成は4人暮らしで、子どもがまだ小さいです。
多くの家庭でも同じような要望になると思うのですが、こんな感じではないでしょうか?

 

・家族が寄り添いながら、子どもが成長できる
・小さな子どもにとって安心な自然の建材
・少しくらい走り回っても大丈夫な頑丈な家
・寝転がったりしても心地いい床
・小中高と大きくなった時に困らないプライバシー確保

 

ここから、実現した住まいはこんな感じです。

 

カナダの大自然の中で育った、樹齢200年を越える
ダグラスファーを柱とはりに使いました。
これが「ティンバーフレーム住宅」です。

 

地震に強く、天然素材で、安心感が違います。

 

家の真ん中で屋根を支える大黒柱。
これは直径50cmを超える丸太です。

 

力士のつっぱりでも大丈夫でしょう、間違いなく(笑)。

 

もちろん、腰カベ・床・ドア全て総天然木です。
壁紙は湿度を吸収してくれる、紙の素材を使っています。

 

だから、家でジメジメしてすみっこでカビが…、
なんてことはありません。
これは、吸気と換気と採光をトータルで計算しつくしたうえ、
さらに建材のちからもかりています。

 

床はフローリングに加えて、
和の文化も取り入れてたたみの部屋もあります。

 

このたたみも、最近少なくなった天然い草を使っています。
だから子どもが寝転がっても、顔をくっつけても安心です。

 

ついでにいいますと、将来気が変わってフローリングに、
となっても安心なように、たたみの厚みとフローリングの厚み
同じなんです。

 

それら全て、プランニングと天然素材の適材適所による結果
なんだと思うのです。

 

もっと詳しいお家についての紹介はブログをご覧ください。

 

 

こちらの画像をクリック。
自己紹介