施主の声・施主の本音を届けるWEBサイト

ティンバーフレームの断熱材と内断熱と外断熱

写真

 

こんにちは。

 

私がティンバーフレーム工法を選択したときに、
外壁を真壁(外から建物の柱が見える)か大壁(見えない)にするか、
非常に迷いました。
一般的に、ティンバーフレームのような木造を前面に押した住宅は
真壁を選ぶケースが多いからです。
(木が露出した方が、湿気を逃がせて木が呼吸できるからです。)

 

しかし、住宅密集地ということで、近隣とのバランスを考えて、
あえて大壁としました(目立ちすぎるのを避けました)。

 

そして、大壁を採用するとサインディング、
つまり外断熱と言われる断熱材がついて回ります。

 

 

そこで今日はその断熱材について考えてみようかと思います。

 

 

住まいづくりの時によく聞きますよね。
「内断熱が…」
「外断熱が…」
これって、TVでもCMでやってたりするから、
当然気になるのもわかるんです。

 

そして、大切なことだってことも間違いありません。
機密性と断熱性は、お施主さんにとっての一つの
「住まいの機能」
のひとつですし、光熱費や快適性と直結ですから気になっちゃいますよね。

 

 

でも、ある秘密を知ってるだけで、驚くほど…シンプルなんです。
断熱って、シンプルなんですよ。

 

 

今日はその秘密をバラしちゃいます!

 

内断熱、外断熱って聞いたことがあると思いますけど、
内側にあるか外側にあるか、だけの差です。
壁の中にあるのが内断熱、建物の外にあるのが外断熱です。

 

少し拡大解釈すれば、
建物の外からの熱を遮断することを一番の目的とする場合を外断熱、
建物の内側からの熱を遮断することを一番の目的とする場合を内断熱
と考えることもできます。
(注意:あくまで拡大解釈です。
外からの熱であっても内断熱で何%かはカットしてくれます。)

 

 

ではこの断熱してくれる素材「断熱材」は、
厳密に言うと、何のことだと思いますか?

 

「断熱材なんて、何種類もあるからわからない」と思った方に、
今日は視点を変えていただきましょう。

 

断熱材は厳密には、たったの「ひとつ」です。

 

それは何か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え:空気(できれば湿度がない真空が望ましい)

 

 

 

たとえば、目の前で1500℃に達するバーナーの炎の熱で
やけどしないのは、まさに空気という断熱材が
熱を伝達させないからです。

 

 

 

この世の中で、空気ほど身近で優れている断熱材はありません。
(タダですし。)

 

 

そして、世の中で断熱材として売られているのは、
この空気をたくさん含む素材を指します。
決して、それら「素材自体」が断熱材として優れているのではなく、
空気の力をうまく利用できる素材、ということです。

 

 

で、空気を多く含み、湿気で腐ったりしない、ってのが
理想的な断熱材ということになります。
(もちろん、その素材自体の熱伝導率が低いことも大切です。)

 

 

たとえば、木材。
これも、顕微鏡で見ると空気の層があって、気が湿気を吸うので
断熱効果はあります。
よく、ナベやステーキの鉄板の下に置くのも、
この断熱効果があるからです。

 

さて、ここまで理解できましたら、あとは応用するだけです。

 

 

外断熱をあまり気にしなくていいケースは?
内断熱をあまり気にしなくていいケースは?
外断熱には何がいい?
内断熱には何がいい?

 

このあたりを考えてみましょう。

 

 

外断熱をあまり気にしなくていいのは、
直射日光がそもそも当たらないようなところがあります。

 

狭小住宅で、隣との間隔が非常に狭いケース。
日中でも日が差さないなら、そもそも外断熱に力を入れる必要はありません。
軽ーく外断熱になってればいい、ということになります。

 

軽ーくと言ったのは、雨や汚れのこともあるので、外壁は必ず設定するはずです。
ですから、その外壁に軽ーく断熱効果があれば十分です。

 

 

もちろんお隣がなくなったら困りますが…、
それはその時に対応でもいいと思います。

 

 

逆に、隣との距離が狭いのに、高コストの外断熱の壁…本当に必要か考えてみてください。
あと、何らかの理由で日が差さないような壁も同様です。
必要ない高スペックを勧められたら、いいお客さんになってるだけかも知れません。
(外観もあるので、一概には言えないのですが、一応本音で語ってます。)

 

 

逆に、西日が強いとか、そういうケースは、
お金をかけてでも外断熱はフルスペックがお勧めです。

 

当然フルスペックですから内断熱も加えてください。
とにかく必要なところは手を抜かないことです。

 

屋根や西日は、真夏の日中は触れないくらい熱くなることもあります。
フルスペックの仕様でも損はないと思います。
(施工のスペックに入りますので、お忘れなく。
モノだけ良いの用意してもだめですよ。施工も超重要です。)

 

 

 

では次に、内断熱をあまり気にしなくていいのは、
外壁に面して廊下など空気の層がある場合です。
廊下が空気の層になりますから、そこが断熱部になります。

 

昔の家の縁側みたいな、部屋→ふすま→廊下→引き戸→外、ですね。

 

この場合、部屋から冷暖房の効果が出ていかないように、
部屋と廊下の間に内断熱が必要になることがあります。

 

外壁の外断熱や日の当たり具合、窓などのトータルで検討が必要ですが、
覚えておいてほしいのは、

 

外断熱+内断熱がすべてではない。
廊下など室内と外壁との間に空気の層があるか、日の当たり具合など、
個々別のケースに合わせて考える必要がある。

 

ということです。

 

 

 

で、部屋の壁に、昔は土壁を使っていましたが、今は壁紙が多いですね。
壁紙を張るところに、断熱効果のあるボードを張ります。
木の板を張ることもあります。

 

これらも断熱材の一部で、室内から外に熱(あるいは冷房の冷気)を
逃がさない工夫です。
(太陽の日差しほど強力ではないので、断熱材として高スペックでなくてもいいですが、
湿度の調節機能を重視してこだわる方も多い部分です。)

 

 

という具合に、外からの熱の侵入と、内からの熱の放出を考えて、
間に空気の層を入れると考えれば、どの面に何を入れればいいか、
想像できると思います。

 

 

そうなると、断熱材は何がいいか?という質問に対して、
間取りや方位、近隣建物から判断して、どう考えればいいか
見えてくるのではないでしょうか。

 

 

 

外断熱にはこれじゃなきゃならない!というものが存在しないし、
内断熱も同じです。

 

「この壁は、こういう状況にあるから、これを採用する」という検証が必要です。

 

 

あんまり考えていませんでした?

 

でも、聞けば当然だと思いませんか?

 

 

日をガンガン浴びる壁、野良猫しか通れないくらいの路地に面した壁、
エアコンガンガンかかってる部屋の壁、廊下しかない壁、
ウォークインクローゼットの壁、パントリーの壁、
全部同じ考え…でいいわけないですよね。

 

 

間取り、土地、近隣の環境によって変更すべきなのです。

 

 

 

 

これを理解したうえで、
外壁に無垢の木を選ぶもよし、
塗り壁を選ぶもよし、
サインディングを選ぶもよし、なのです。

 

内断熱に無垢の木を選ぶもよし、
ボードにおしゃれな壁紙を張るもよし、
漆喰の壁を選ぶもよし、なのです。

 

それから内断熱には、壁の中に入れるものも必要ですね。
グラスウールとかウレタンフォームとかです。
(ウレタンフォームは断熱効果は強力ですが燃えるとちょっと厄介ですね。
何でもかんでもこれだとよくありません。
キッチンの壁は避けるとか、暖炉のある部屋は避けるとか、センスが必要です。)

 

なお、グラスウールは腐らないし密度を調整できるし、
燃えないので、バランスがとれていると思います。

 

グラスウールに限らず、腐らず燃えない素材をできるだけ
チョイスすることが望ましいですね。
これもケースバイケースですけど。

 

 

さて、ここまで考えれたら、図面をチェックするときに
「ここは西日が強いので、内断熱を強化しましょう」
とかって提案できるようになれますね。
「グラスウールは他の壁よりも密度は高いですか?」とか
理にかなった話し合いができるようになります。

 

そうすると「うぬ、おぬしやるな」って感じじゃないですかね。

 

 

 

あなたはどんな住まいづくりをめざしますか?

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。

 

 

木の家のことをもっと知りたかったら、こちらのブログを見てみてください。

 

こちらの画像をクリック。
ティンバーフレームの内断熱と外断熱

 


ティンバーフレームの内断熱と外断熱関連ページ

平屋のこと
木の家、平屋
注文住宅について
木の家、注文住宅、マイホーム
内装について
注文住宅、内装、壁紙、腰壁
出来事
ちょっとした出来事をつぶやくコーナー
木の家のメリットとデメリット
木の家、メリット、デメリット
集成材と無垢の木
木の家、集成材、無垢の木
外観
外観
欠陥住宅に対する防衛
欠陥住宅、対策、参考図書
無垢の木の心材と辺材
無垢の木、心材、辺材、心持ち材、心去り材
木の家の木の寿命
木の寿命、リフォーム、樹齢
ティンバーフレームの家は木の家の最高峰
ティンバーフレーム、最高峰
木の家建てる時ハウスメーカーはどう選ぶ?
ハウスメーカー、選ぶ、コツ